チャイナビュー212号

EPSON001_640
チャイナビュー212号が来ました。
今回は黄龍です。
黄龍は四川省の九寨溝の近くです。
九寨溝に行かれる方は黄龍にも寄る事が多いので、行かれた方も多いと思います。
この黄龍は普通では見られない不思議な光景です。
川が段々畑のようになっています。
私が2012年に行った時の写真があります。
ここから 時間があれば見て下さい。
漢方の養生は「子宮筋腫」です。
ただ今、当店で漢方薬をお買い上げの方に差し上げています。

子宮筋腫と漢方

子宮筋腫は、中医学では痰瘀互結と考えます。
痰は痰湿の意味で、汚れた水、脂、繊維などです。
瘀は瘀血の意味で、汚れた血液です。
それらが入り交じって固まったものが子宮筋腫です。

ですので、瘀血や痰湿を綺麗にする漢方をまず選びます。
たた瘀血といっても、血管の中の血液の汚れではありません。
血管の外で固まった血です。
これを中医学では陳旧瘀血と言います。
陳旧瘀血には、普通に血液をサラサラにするものでは効果が弱く、陳旧瘀血を溶かすものを使います。
この場合、植物性の生薬では難しく、動物性の生薬をよく使います。

次に痰湿互結になった原因を考えます。
次のケースが良くみられます。
 気虚 エネルギー不足です。免疫機能の低下なども含みます。
 寒凝 冷えなどが原因で、血流が悪くなっている状態です。
 気滞 ストレスや自律神経失調などでホルモンのバランスが悪い状態です
 湿熱 炎症などがあり、筋腫を刺激している状態です。
これらの原因もあわせて漢方を使っていくと良いでしょう。

子宮筋腫の時に良くみられる症状としては、生理の量が多い、生理痛があります。
生理の量があまりに多い場合は、生理の時だけ収斂の作用のものを使います。
ただ収斂のものは邪気を留めやすいので、必要に応じて使う事が大切です。
生理痛は気滞や瘀血、寒凝、湿熱が原因になっています。
それぞれの場合でも使うものが違います。
状態や体質にあったものを使う事が大切です。