子宮内膜症と漢方

子宮内膜症は、子宮の内膜と同じような組織が腹腔内に散らばっている状態です。
経血が卵管から逆流するとも言われていますが、肺などに見られ気胸をおこす場合もあり、原因は不明です。

中医学的には陳旧瘀血と考えます。
陳旧瘀血は、古くなって固まった血です。
通常の瘀血は血管の中の血液の状態を言う事が多いですが、陳旧瘀血は血管の外で固まった血です。
ですから、まず陳旧瘀血を溶かすものが必要です。

次には陳旧瘀血が出来る原因を考えます。
「気滞」による場合
 気とは目に見えなくて働きがあるもので、ホルモン、自律神経、免疫などです。
 これらのバランスが悪い状態を気滞と言います。
 気滞の状態が長く続くと血の流れも悪くなります。
 気は血を運んでいるからです。
 また気は血液が血管から漏れ出すのを押さえてもいます。
「寒凝」による場合
 冷えると血流は悪くなり、さらに冷えると固まっていきます。
 この状態を寒凝といいます。
「湿熱」による場合
 クラミジアなど、感染を起こした場合、湿熱という状態になる事が多いです。
 感染を起こしている時は清熱解毒という方法を使います。
「痰湿」による場合
 湿熱の状態で炎症がおさまると、繊維の汚れが残ります。
 また脂、水の汚れも含めて痰湿といいます。
 陳旧瘀血と痰湿が入り交じって、痰淤互結と言う状態になると、なかなか取れにくくなります。
 陳旧瘀血を溶かすもの以外に痰湿をとるものが必要になります。

陳旧瘀血をとるもの、気滞、寒凝、湿熱、痰湿の改善にも色々な種類があります。
その人、その人の体質や状態によって選んでいく事が大切です。

嬉しい報告

お客さんから出産報告を頂きました。
プライバシー保護のため、内容を一部削除してあります。

「以前、漢方の内服をしていた者です。
ご連絡が大変遅くなりましたが、杏村に通うのをやめてすぐに妊娠し、無事に出産しました。

仕事のせいか、ホルモンバランスが整わず、月経周期も長く、無排卵のこともありましたが、漢方を飲んでから、基礎体温が綺麗になり、生理痛もなくなって、体調が良くなるのを実感していました。
しかし、子作りに対する夫婦間での温度差が大きくなり始めてしまい、一度区切りをつけようと、勝手ですが、通うのをやめてしまいました。
ですが、内服で体調が整い、卵の質が良くなっていたためか、間も無く妊娠が判明、無事に出産することができました。
適切な処方をしていただいたおかげで、子どもに会うことができました。ありがとうございました。」

母乳不足の漢方

母乳が出ないので何か良い漢方は無いかとよく相談されます。
母乳が出ない場合は、2つのケースがあります。
1.乳房が張らない
 この場合は、母乳の材料になるものが不足していると考えます。
 母乳は白い血液とも言われています。
 ですので、まず血液が必要です。
 中医学では血虚と言って、血を補う漢方を使います。
 母乳は液体です。
 栄養のある液体を津液(しんえき)と言います。
 ですから、血を補うと同時に津液を補う事も必要です。
 乳房は、経絡的には胃経に属します。
 胃から吸収されたものは通常は脾に運ばれます。
 しかし授乳中は脾に運ばれると同時に胃経を通じて母乳になると考えます。
 ですから、この経絡を確保する事も大切です。
2.乳房が張る場合
 この場合は母乳は作られるけどもうまく出て来ないという事があります。
 中医学的には邪実によるもので、気の流れが悪いか、痰湿が多い、寒邪が停滞しているなどが考えられます。
 どの邪気が原因か判断して、利気、化痰、温経散寒などの方法を使います。

チャイナビュー211号

チャイナビュー211号が届きました。

EPSON MFP image

EPSON MFP image


今回の中国探訪は四川の「ろう中」という所です。
ろうは、門構えの中に良と書きます。
行った事は無いのですが、写真をみるとちょうど麗江のようです。
四川は行く機会が比較的多いので、また行けたら行ってみたいと思います。
漢方の知恵袋は「スマホ老眼」対策です。
これは有り難いですね。
ただ今、当店で漢方薬をお買い上げの方に差し上げています。