学術シンポジウム

私が副会長と学術委員長を担当されていただいている、中医薬研究会主催の学術シンポジウムが5月29日に開催されました。
一般の方は参加出来ないのが残念ですが、全国から337店の薬局、薬店が集まりました。
まず高橋楊子先生の舌診の講義から始まりました。
今回は冠心病、つまり狭心症、心筋梗塞の特徴的な舌診とその弁証論治についてでした。
次に北京からDSC00304_400

次に北京から郭維琴教授が御来日されて公演していただきました。
郭維琴教授は冠元顆粒の元になっている冠心II号方の開発者の1人、郭士魁先生の娘さんです。
公演の前に貴重な体験談をお聞きする機会がありました。

DSC00301_400
写真は、著書に気持ちよくサインしていただけた郭維琴教授です。

大変内容の濃い内容で、多くの会員店に満足していただけました。
この2ヶ月くらい学術シンポジウムの準備に忙しくてブログの更新もなかなかしていませんでした。

チャイナビュー210号

EPSON001_640
チャイナビュー210号が来ました。
今回の中国探訪は「南潯」
中国はいくつもの古い街があります。
これを古鎮といいます。
有名なのが麗江と宏村です。
どちらも世界遺産になっていて人は多いです。
それ以外にも数え切れないくらいの古鎮があります。
中国の建物は石造りが多いのでよく保存されています。
時間があればこのような古鎮をゆっくり回りたいです。
古鎮は水郷と関係している場所が多く、上海の近くに多くあります。
漢方の知恵袋はPMS対策です。
ただ今、当店で漢方薬をお買い上げの方に差し上げています。