舌質について 1.舌色

舌苔以外では舌質を見ます。
舌質の中で大切なのはまず色です。
色以外では舌の大きさ、表面が湿っているか乾燥しているか、舌全体がツルツルかザラザラか、舌の裏側の静脈の状態を見ます。
まず色ですが、色が赤い場合は熱が体内にこもっているケースが多くあります。
特に赤くて舌が乾燥している場合はまず熱と考えて良いでしょう。
また心に熱があると舌の先だけが赤くなります。
舌が赤くてツルツルの場合は、「真寒仮熱」のケースがあります。
真寒仮熱は、本当は冷えているのに、熱的な症状が出るケースです。
この場合は冷やす漢方ではなくて温める漢方を使う必要があります。

舌の色で赤味が少ない場合は冷えているケースと血の不足があります。
冷えている場合は水がたまりやすく、舌は大きくなります。
血の不足の場合は物質面の不足なので、舌は小さくなります。

舌色の中で特徴的なのは瘀血の舌色です。
瘀血がある場合は舌の色が黒ずんできます。
ただし、この黒ずみ方にも色々あります。
 1.舌全体の色が暗く、紫ががってくるもの
 2.舌の表面にシミなようなものがある 瘀斑といいます。
 3.舌の表面に黒い点がいくつか出来る 瘀点といいます。
 4.舌の裏側の静脈が不得なり、蛇行します。ひどいとコブのようなものが出来ます。
これらの場合は、瘀血を改善する漢方を使いますが、瘀血が改善しても舌色はなかなか改善しない事もあります。

舌苔について

漢方のお店ではよく舌の様子を観察します。
何を見ているかと言うと、舌苔(ぜったい)と舌質(ぜっしつ)です。
舌苔は、舌の表面の苔のようなものです。
舌苔は毎日の変化が激しく、病気の変化を見ます。
これに対して、舌質の変化はゆっくりで、こちらはその人の体質などを見ます。
舌苔が厚い場合は、汚れが多いという意味になります。
特に胃腸にたまる汚れ、食滞では厚い苔がびっしりとついてきます。
色が白くて湿っている場合は冷えがあり、黄色くなり乾燥してくると熱をおびていると考えます。
胃腸以外に痰湿という汚れがたまっていても質は白く厚くなります。
痰湿は体のあらゆる所にたまって色々な病気を引き起こします。
苔は汚れを意味しますが、苔が全くないのも良くありません。
苔が全くなく、舌が赤い場合は陰虚と考えます。
苔が全くなく、舌の色が淡色の場合は陽虚と考えます。
実は、舌の判断は簡単なようでなかなか複雑です。
そのため、舌診だけでも1冊の本になっています。

進化する中医学

中医学は、今から2千年以上前に考えられたものです。
そんな昔に考えられた医学や理論がどうして今でも役に立っているのでしょうか?
それは中医学が応用性が広い爲と思います。
現代医学の進歩はめざましく、新しい検査方法や、新しい病理など、日々進歩しています。
これに対して中医学は基本的な部分は変わりません。
つまり
 余分なものは取り除く
 足りないものは補う
この2つです。
余分なものを邪気といいます。
邪気には2種類あり、外から入ってくる外邪、体の中で出来る内邪です。
外邪は風 寒 暑 湿 燥 火
内邪は痰湿 淤血 気滞 食滞 火鬱
があります。
足りないものは、気、血、陰、陽が主ですが、もう少し細かく分ける事も出来ます。
これに定位(病気がおきている場所)を考えると中医学の病理学が出来ます。
この理論自体は殆ど進化していません。
では、中医学は進化していないのでしょうか?
現代医学がまだ無いころは、すべての病気を中医学の理論で治していました。
例えば胃の痛みなら、原因として冷えがあり、胃腸の虚弱があれば黄耆建中湯が使われます。
しかし、中医学的な診断が正しくても、治る場合と治らない場合があります。
それは胃痛といっても、胃痙攣、胃潰瘍、萎縮性胃炎、胃ガンなど色々な病気があります。
胃痙攣は、中医学的にはストレス、つまり気鬱と関係していると考えます。
中医学的には気鬱の症状があまり無くても、やはり気鬱ととらえて治療すると効果が出やすくなります。
胃潰瘍の場合は粘膜の修復作用がある田七とか白及などを配合します。
また制酸作用のある龍骨、牡蠣なども配合します。
このように、中医学の弁証論治だけでなく、西洋医学の病理を中医学的に解釈して弁証論治と併用する事によって、中医学の効果が飛躍的に良くなると考えます。
これが現代中医学の進歩です。
つまり現代医学が勧めば進むほど、中医学の理論の解釈も広がっていくと言えます。
特に、現代医学で原因は解っても治療方法が無いなどの場合は、中医的な治療に活路があると言えます。

チャイナビュー198号

チャイナビューの198号が来ました。
EPSON001_640
今回の中国探訪は青島。
青島は2回行きましたが、ずいぶんと前の話なので、あまり覚えていません。
今回の写真を見るとずいぶんと変わったようです。
漢方の知恵袋は「便秘にサヨナラ」です。
ただいま、当店にて漢方をお買い上げの方に差し上げています。

心と神の物語

心には神が住んでいます。
神とは、大脳の働きをさしていて主に意識とか記憶の働きです。
つまり心は神の住む家なのです。
家が丈夫なら、多少のでも大丈夫。
しかし、心がしっかりしていないと、ちょっとしたストレスで家はグラグラとしてしまいます。
家がグラグラと大きく揺れると神はびっくりして心から飛び出します。
揺れがおさまって心に帰ってくると、なんと心は賊に占領されています。
賊の名前は、痰湿とか瘀血という体内の汚れです。
そうすると神は家に戻れず、あっちにウロウロ、こっちにウロウロ、ストレスが収まってもストレス状態になってしまいます。
これを治療するには、まず化痰とか化瘀で、賊に出ていってもらいます。
それで神が心に戻ったら、家を丈夫にしていきます。