陳久瘀血について

血液の汚れを中医学では瘀血(おけつ)といいます。
中医学の普及とともに瘀血という言葉も大分と普及してきました。
一口に瘀血といっても色々なものがあります。
その中で、子宮内膜症やチョコレート嚢腫と関係が深いのが陳久瘀血という概念です。
陳久瘀血は、血管の外で古くなって固まった血です。
このようなものは、一般的に血液をサラサラにするものではなかなか改善できません。
陳久瘀血を改善するには動物性の生薬が必要です。
よく使われるのがヒルやミミズです。
ヒルは2千年も前から「水蛭」という名前で使われ続けています。

竜眼肉

昔、昔、銭員外という名前の人が年をとってから子供に恵まれました。
ただ息子は痩せて小さく、風に飛ばされそうな風体でした。
そこで銭員外はあまねく名医を呼びあつめ薬を処方させました。
ある時、遠方の親戚が言いました「竜眼肉は虚弱でひよわな体質を改善するのにとても良い。東の海辺のお百姓さんたちは家々にみな竜眼肉の樹を植えている。
竜眼肉を食べると体は丈夫になり、病気をしない。」と。
銭員外はこれを聞いてとても喜び、すぐに東の海で沢山の竜眼肉を手に入れるように命じました。
連続1ヶ月、息子にこれを食べさせ、あまった実の肉は干して乾かし、種は庭に植えました。
息子はますます竜眼肉を食べ体はとても丈夫になりました。
それから息子は銭員外の指導のもと、勉学や武道にはげみ、名をなし、庶民の幸福を願う立派なお役人さんになりました。

茘枝核

ある日、中国の唐代の有名な詩人、白居易が家の中で詩を推敲している時に南方に住んでいる友人が訪ねてきました。
かれは成熟したばかりの茘枝の実をもってきました。
そこで二人は茘枝を食べながら詩について語り合いました。
この時、白居易の妻の春蘭が来て机の上にならんでいる沢山の茘枝の食べ終わった実の種を見て、紙に包んで引出に入れました。
1ヶ月後、白居易は疝気という病気になりました。(鼠径ヘルニアや睾丸が腫れるなど、下半身にしこりが出来る病気の総称)
動くのも大変でした。
春蘭はお医者さんの所に行き処方を書いてもらいました。
そのお医者さんが書いた処方が茘枝の種でした。
そこで春蘭はしまってあった茘枝の種を取り出し煎じて飲ませました。
何日もしないうちに白居易の病気は治ってしまいました。
それから白居易は会う人会う人に「疝気は茘枝の種を飲むとすぐによくなる」と言いました。
その後、白居易は都に引っ越しました。都で御医に会った時にもその話をしました。
ちょうどその御医は漢方薬の本を編集している時でした。
そこでひの御医はその本の中に「茘枝核」として茘枝の実の話を加えました。
それで茘枝核の効能が後生に伝わる事になったのです。

枸杞子

伝説によれば、昔、お役人さんが出張に行ったとき、16-7才くらいの綺麗な女性が、白髪あたまの老人を竹竿でたたこうとして追いかけ回しているのに出会いました。
お役人さんは、娘をひきとめ、どうして老人をたたくのかと聞きました。
その娘が言うには「私がたたこうとしているのは私の孫の子供、つまりひ孫です。私の家には良薬があるのにちっとも飲もうとしない。だからまだあんなに若い年なのにもうこのように老けてしまったのです。
それでたたいて懲らしめようといていたのです。」
お役人は好奇心にかられて娘の年令を聞きました。娘は「372才」と答えました。
お役人さんはびっくりして、すぐ、その長寿の方法を聞きました。
娘は、枸杞子を毎日食べる事だと答えました。

この話はいかにも中国らしい作り話です。
いくら枸杞子が体に良いからといって372才になっても16-7才のような綺麗な娘のはずがありません。
あたかもドラえもんのポケットのように、こんな薬があったら良いなと言う事でしょう。
ただ、全くの出鱈目ではなくて、やはり枸杞子は体にはとても良いものだという事を伝えたかったのでしょう。
あまり大げさすぎると誰も信じなくなってしまいますね。

桑寄生

昔、お金持ちの家の子供がリュウマチになりました。
腰や膝が痛く、歩くのがとても困難でした。
お金持ちの家の主は、南山の古くからある薬用植物を育てる農家の人に見て貰いました。
そのあと、2日に1回、主の雇い人を派遣して薬をとりに行かせました。
真冬だったので、派遣された人は寒さで震え、手足はこごえました。
彼は村はずれの道脇の古い桑の木の上の空洞に一つの枝が出でいて、それがいつも受け取りに入っている生薬にとても良く似ていました。
そこで、悪知恵を働かせて、木に登ってそれをとり、細切れにして紙にくるんで持ち帰り、主人に渡しました。
雇われ人は、それからはいつもその方法を使いました。
なんと言う事でしょう。そのお金持ちの家の子供の病気が治ってしまったのです。
雇われ人はその事を薬用植物を育てている農家の人に話しました。
農家の人は別な人に試してみると、本当にリュウマチが治ってしまいました。
この木は桑の木の上に生えているので「桑寄生」と名付けられました。

桑寄生は中医学ではリュウマチに良いだけでなく肝と腎を補い、筋骨を強め、安胎の作用があるとされています。

紫蘇

あるとき、華佗(中国では有名なお医者さんです)が河辺で薬草をとっていると、一匹のカワウソが大きな魚を捕まえるのを見かけました。
カワウソは河から上がると岸辺でその魚をまるごと飲み込んでしまいました。
お腹は太鼓のようになってしまい、カワウソは苦しくてたまりません。
カワウソは紫色の草が生えているのを見つけると、そこまで這っていきました。
そして、その草を食べてしばらくするとまるで何事もなかったかのように帰って行きました。
この草は紫色をしていて、食べるとお腹が舒服(気持ちよいという意味)になるので華佗はこの草を「紫舒」と名付けました。
ですが、どういう訳かその後の人たちはこれを「紫蘇」とも呼ぶようになりました

女貞子

言い伝えによれば、秦・漢の時代に浙江省に1人の身分の高い人がいました。
彼には1人の娘がいました。
その娘は年頃で、とても容姿端麗でした。そして芸術的なセンスも抜群でした。
父親は目に入れても痛くない程、可愛がっていました。
その娘に求婚する人はあとが立ちません。
父親は貪欲な人で、自分の地位の確保の為、県知事との結婚を約束してしまいました。
実は娘は、町の学校の先生と恋仲で一生のちぎりを結んでいました。
勿論、父親はそんな事は知りません。
娘は父親をうらんで壁に頭をぶつけて自殺してしまいました。
町の先生はそれを知り、ショックのあまり病気になってしまいました。
数日で体はやせこけて、頭髪は真っ白になってしまいました。
数年後、先生はその娘の墓の前で首をくくろうとしました。
その時、墓の土の上に1本の木が生えているのを見つけました。
葉は生い茂り、果実はまるで黒髪のように黒いものでした。
先生はその実をつんで口に入れました。
そうすると、たちまち元気になりました。
そこで、毎日その実をつんで食べると、今までの病かがすっかり良くなりました。

蒲公英

昔、洛陽に一人の娘がすんでいました。
彼女は頭もよく、とても美人でした。
ある日、その娘は乳腺炎になってしまいました。
腫れて痛みがひどく、我慢が出来ません。
しかたなく、一人の旅の医者に治療を頼みました。
旅の医者はその娘がとても綺麗だったので、邪念をおこしました。
娘は我慢できず、平手打ちを2発、くらわせました。
そこで旅の医者は「まだ結婚していない娘が乳腺炎になるのはおかしい。きっと道徳にはずれた行いをしているに違いない。」とあたりにデマをふりまきました。
娘は弁解する事も出来ず、河に身を投げました。
そこに蒲という名の漁師のおじいさんが通りかかり、娘を救いました。
漁師は事の顛末を聞き、公英という名前の自分の子供に、ある薬草をとりに行かせました。
漁師はその薬草を自ら漬いて娘に渡して、娘に湿布するように言いました。
数日して娘の乳腺炎は良くなりました。
娘は自分の庭にその薬草をうえ、感謝の気持ちでその薬草を「蒲公英」と呼びました。

決明子

伝説によれば、中国の陝西省の竜山という所に1人の年老いた道士が住んでいました。
彼は100歳を過ぎてもなお精力にあふれていて、髪の毛もふさふさとして、顔も若々しいままです。
耳はよく聞こえ、目は十里先までよく見渡せるという事です。
人々は、道士に秘密をききました。
道士が言うには「それは決明子のためだ。決明子を粉にしてスプーン1杯、1年間のみなさい。」と。
竜山の人たちは、道士の言うとおり決明子を服用すると、皆目がよく見えるようになり、眼病を患っていた人たちも全部よくなりました。
今でも中国の江南では家庭の庭に決明子を植える習慣があります。
毎年初夏に決明の苗がすくすくと育つ時期にこれを摘んで食べています。

蛇床子

昔、ある村である種の怪病が流行しました。
病人は全身の皮膚に吹き出物が出来て痒くてたまらないというものです。
あるお医者さんが言いました「ある島に傘の形をした白い花をつけ、羽毛のような葉っぱの薬草がある。
その実を煎じて患部を洗うと病気が治る。」と。
ただその島には沢山の毒蛇が這い回っていて薬草をとるのは容易ではありません。
ある青年が身を挺してその島に向かいました。
硫黄酒を携えて端午の節句の時に島に上陸して、毒蛇を退治しました。
青年は薬草をもって返り、沢山の仲間の病気を治しました。
この薬草は蛇がよこたわっていた下から採集されたので「蛇床」と呼び、その種を「蛇床子」と呼ぶようになりました。