邪実

邪実とは、邪気が体に存在する状態です。
邪実は次の3つがあります。
 
外邪  身体の外から体内に侵入する邪気。 風寒暑湿燥火の6つの邪気があります。
伏邪  外邪が長く居座っている状態
内邪  体内で生成させる邪気。 六鬱とも言います。 気湿痰血食火の6種類あります。
 
伏邪の概念は現代中医学ではあまり詳しくありません。
しかし、慢性の病気の弁証論治には非常に大切な考え方です。
例えばリウマチなどは風寒湿の3つの邪気が入り交じり、体内にいすわる状態で、時に化火します。
花粉症は、花粉がなくなっても、体内に伏邪として邪気がのこり、次の年にまた花粉にふれると伏邪が動き出すと考えます。
ですから、花粉症が発症していない時期に伏邪をとりのぞく事が大切です。
現代医学での抗体なども伏邪の一種と考えて良いでしょう。