虚と実

漢方でよく「虚」とか「実」という言葉を聞くと思います。
あるいは虚証とか実証と言う場合もあります。
この虚実は、日本漢方と中医学では意味が異なります。
日本式の漢方は虚は体力がない、疲れやすい、やせいてる、血圧が低いなど弱々しい体質を言います。
これを虚証という言い方をする事が多いです。
また実は、体力があり、がっちりしているか太り気味、血圧は時に高めなどの体質をいいます。
実を実証、または実証体質などと言います。
これにたいして、中医学では、実は「邪実」を意味し、虚は「正虚」を意味します。
邪実とは体内に邪気が存在している状態です。
正虚とは、正気の不足を意味します。
邪気と正気については、次回以降、詳しく説明します。