心筋梗塞と弁証

「中医雑誌」に面白い記事がありました。
造影剤で冠状動脈の狭窄がみられた405人の体質を判断しています。
その中で、
 瘀血があった人 66.4%
 痰濁があった人 43.7%
 気虚があった人 34.8%
 陰虚があった人 15.1%
 気滞があった人  8.6%
 寒凝があった人  7.4%
 陽虚があった人  7.2%
という結果でした。
兼証がありますから合計は100%にはなりません。

この結果を見ますと、瘀血と痰濁はまあ、予想通り。意外に多いのが気虚。
そして意外に少ないのが陽虚と寒凝でした。
そうすると「冠元顆粒」「星火温胆湯」「麦味参顆粒」が心筋梗塞予防の3点セット?
実際の臨床はもっと複雑ですから、そう単純には行かないでしょうね。